本文へ移動
豊かな自然の中で支え合い
助け合い・学び合いながら
みんなで成長していく保育園
新年度がはじまりました。
2012-04-18
園庭の桜が、4月2日の入園式に合わせるように満開になり、103名の元気な園児たちが入園してきました。
はじめは、緊張と不安な表情だった新入園児さんたちもずいぶんと慣れてきたようで、笑顔で遊ぶ姿も見られるようになりました。
園庭では、自分たちで水を運んでどろ団子を作ったり、声をかけ合ってサッカーをしたり・・・。子どもたちは遊びを見つける天才です。
 
いるべ保育園には、園のすぐ前に『みんなの広場』という、自由に走りまわることができる広場があります。園庭ではできない、土を力いっぱいに掘りおこす、本物の草木を使ってままごとをする、いろんな虫たちを追いかけまわる、といった経験が日々できるのも、子どもたちにとっては大きな魅力の一つです。
広場の半分は畑になっており、一年を通して保護者も一緒になりながら様々な野菜を育てます。
今は色とりどりのチューリップが春風に揺れながら子どもたちの登降園を見守っている『みんなの広場』。
いるべの広い空の下、自然の中でのびのびと園生活を楽しみたいと思います。
 
 
 
TOPへ戻る